白川清掃…続き(6月25日)

DSCN0290今回は川べりの柳の根が川幅の半分にも張り出し、その上に雑草が生い茂った所がたくさんあり、京都府に依頼し、清掃に先駆け重機で根の撤去をしてもらいました。地域情報サイト『まいぷれ』でも取り上げられました。私たちの手で地域を美しくしているという思い、何か心満たされる1日でした。ご協力くださった方々ありがとうございました。

白川清掃を行いました

イメージ

朝10時より白川の清掃を行いました。大雨になるとの予報に反し、午前中は晴れ間ものぞくお天気で、参加者は昨年より増え、50名(白川を創る会扱い…午前中)、午後は京都華頂大学・華頂短期大学の学生及び職員により清掃を行いました。午前中、市会議員の中野洋一氏も参加、皆で楽しく汗をかきました。

DSC_0032

白川に今年もホタルが出現!

DSCN1458 (3)

白川の川べりの柳が川の中まで根を伸ばし、そこに川砂がたまって雑草が生い茂り、

川幅の半分を占めるようになりました。その草むらにはホタルがいっぱい出現。まだ

飛び交うところまではいきませんが、たまたま指に留まったホタルとツーショット。

タクシーの通過を気にせずにゆっくりホタル見物をしたいとつくづく思いました。

白川を創る会について

私たち白川を創る会は、白川千二百年の文化的景観を継承し、つぎの百年を創ることをミッションとし、粟田自治連合会、京都市民大学院からの委員で構成され、粟田空き家対策実行委員会の協力、京都華頂大学・華頂短期大学の協同のもと、連携したネットワーク組織です。